オススメリンク
樹木を伐採する費用ってわかりにくいと思っていませんか?そんな時は専門機関を利用して業者を比べましょう!
草刈は豆に行わないといけません!その時は庭手入れをメインとしている専門業者をご利用下さい!
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

燃料について

伐採された木

燃料ですが、エンジンタイプとモータータイプがあります。
エンジンタイプでは、ガソリンと混合油を使用しますが、ガソリンの高騰で、費用がかかってしまいます。
しかし、パワーがあり、かなりの継続率があるので、長時間には適しています。
一方、モータータイプでは、電池を使用しますが、充電できるものなので、気軽に使用できます。
パワーも、エンジンタイプには負けてはいません。
ただし、使用する電力は、長持ちしにくいので、ときどき充電が必要です。
どちらも、ホームセンターで購入することができます。

草刈りをするには

重機

庭園や、公園など、草が異常に伸びた場合には、草刈りを行います。
業者に伐採の委託をするのが、一番楽な方法ですが、費用がかかることも、予測しなければなりません。
そこで、自宅の場合ですが、草刈りをするには、草刈り機があれば、簡単に伐採することができ、費用も、機械代で済むことができます。
草刈りには、いろんなタイプがあり、丸歯タイプと、ビニール紐タイプがあります。
丸歯タイプでしたら、太い草を簡単に伐採することができますが、石を飛ばしてしまうので、かなり危険ですので、作業中は、目を守るためゴーグルを掛ける必要があります。
ビニール紐のタイプでは、回転を増やすことによって、簡単に伐採することができます。
また、丸歯より、費用は安くなるので、使い勝手が良いです。
しかし、太い草を伐採しようとすると、紐が切れてしまうことがありますので、注意が必要になります。

草刈り費用節約術

木を切る

春や夏になると庭の草も生い茂る季節で、お手入れもかなり大変になってきます。
特に雑草も多く生えるので芝生のお手入れはとても手間のかかるものです。
これを個人で草刈りや伐採をすると慣ればその分費用面でも時間的にも大きな負担がかかるので事前に対策をしておくとかなり安心できるでしょう。
基本的には伐採や草刈りは自分ではせずに、草があまり生えないように工夫したほうがお手入れが簡単になります。
費用面もそれほど問題にならないので土の深さや根が伸びられる範囲をある程度決めておけば葉の長さもしっかりとコントロールできます。草刈りは時間がかかる上、太陽が照りつける中でしなければいけない場合も多いので大変さが増します。

さらに、草刈りをしたあとのゴミなども多く出るのでそれらの処分にも手間がかかります。
費用面を節約したいのであれば、草刈りや伐採で出た葉のゴミなどはできるだけそのまま肥料にしたほうが無駄なくガーデニングが楽しめて地球環境にもよいでしょう。
業者に伐採や草刈りを依頼すると1日で1万円近くのお金がかかることもあるので広い庭があるならば、自身で伐採用の機械を買ったほうが安上がりですみます。
こういった費用面の負担が大きくなるようなものはできるだけ自分自身でやったほうがよいものです。
植物の種類によっては伐採の仕方に工夫が必要になるので、一度は業者に刈ってもらうとやり方も分かって、独自のコツも教えてもらえるでしょう。